安川電機、AIベンチャーと資本提携

 産業用ロボット大手の安川電機は、人工知能(AI)ベンチャーのクロスコンパス(東京都千代田区)と資本提携した。出資額は非公表。安川電機は、AIを活用して工場の生産性向上を支援する提案サービス「アイキューブ・メカトロニクス」の提供を近く始める。クロスコンパスが開発した製造業向けの人工知能統合開発プラットフォーム「マニュファクチャリング-IX」を、安川電機の新サービスに活用することで、製造現場から得られるさまざまなデータから、製造業向けのAIを容易に生成でき、異常検知、故障予知など現場では必要とされる機能を運用することができるようになる。

今、あなたにオススメ
Recommended by