【トランプ氏来日】通商問題、米国は貿易赤字削減要求でアピール 日本は圧力回避へTPPに全力 (1/2ページ)

共同記者会見を終え、米国のトランプ大統領(左)と握手する安倍晋三首相=6日午後、東京都港区の迎賓館(代表撮影)
共同記者会見を終え、米国のトランプ大統領(左)と握手する安倍晋三首相=6日午後、東京都港区の迎賓館(代表撮影)【拡大】

 トランプ米大統領は6日、安倍晋三首相と東京都内で共同記者会見し、対日貿易赤字の削減を求めた。来年11月の米中間選挙を控え、産業界にアピールする狙いがあるとみられるが、日米自由貿易協定(FTA)には言及しなかった。日本は米国の直接的な圧力を回避したことで、8日にベトナムで開幕する環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)参加11カ国の交渉の大筋合意に全力を尽くす。

 「慢性的な貿易の不均衡を是正しなければいけない」。日米の貿易不均衡について、共同会見ではこう述べるにとどめたトランプ氏だが、これに先立ち日米企業トップらを前に行った演説では「日本との貿易は公正でも開放的でもない」と指摘、日米FTAも視野に交渉の必要性を訴えた。

 共同会見などで日米FTAに言及しなかったのは、優先課題とする北米自由貿易協定(NAFTA)の協議が遅れ、妥結は年越しが確実な状況だからだ。米中間選挙が1年後に迫る中、NAFTAや、再交渉で合意した米韓FTAを優先し、日本が警戒する日米FTAは先送りした格好だ。