ソフトバンクは「おうち割」など影響で減収減益 携帯大手3社決算出そろう 

2017年9月中間連結決算をを発表するソフトバンクグループの孫正義会長兼社長=6日、東京都中央区
2017年9月中間連結決算をを発表するソフトバンクグループの孫正義会長兼社長=6日、東京都中央区【拡大】

 携帯大手3社の平成29年9月中間連結決算が6日、出そろった。NTTドコモは格安スマートフォンに対抗するための割安な料金プランの導入費用が先行したことなどから増収減益。KDDI(au)はデータを大量に使う顧客向けの新料金プランが好調だった影響で増収増益を達成した。一方、ソフトバンクグループの国内通信事業は売上高が前年同期比1・6%減の1兆5289億円、本業のもうけを示す営業利益は6・9%減の4339億円だった。

 ソフトバンクはスマホと光ファイバーをセットにした割引「おうち割」や、ヤフーショッピングでソフトバンクのスマホ契約者が買い物するとポイントが10倍になるキャンペーンなど、顧客基盤拡大に向けた投資が利益を押し下げた。孫正義社長は会見で「今年は減益だが、来年は増収増益になれると自信を深めている」と語った。