富士フイルム 海外拠点に32億円投資

 富士フイルムは6日、バイオ医薬品の開発・製造受託事業の強化に向けて米国と英国の拠点に総額約32億円を投資すると発表した。

 米テキサスの拠点に約22億円を投じて細胞培養タンクなど抗体医薬品の生産設備を追加導入する。

 英拠点には約10億円をかけて医薬品の成分などを高速で自動分析できる最先端機器や培養実験が全自動で行える設備などを整備し、抗体医薬品生産プロセスの開発態勢を拡充する計画。それぞれ2018年秋から新設備を順次稼働させ、バイオ医薬品の開発・製造受託事業を拡大する。

 近年は、がん治療などで用いられる「オプジーボ」など、副作用が少なく、高い効能が期待できるバイオ医薬品のニーズが高まっており、顧客からの増産要求など需要増に迅速に対応できる体制づくりを急ぐ。