日銀・黒田総裁、名古屋で講演 物価上昇2%へ「歩み着実」

名古屋市で講演し、質問に答える日銀の黒田東彦総裁=6日午前
名古屋市で講演し、質問に答える日銀の黒田東彦総裁=6日午前【拡大】

 日銀の黒田東彦総裁は6日、名古屋市で開かれた地元経済界との会合で講演し、物価上昇率2%目標に関し「前向きの動きが息長く続くことで、実現に向けた歩みが着実に進んでいく」と述べ、現行の大規模な金融緩和を粘り強く続けていく姿勢を示した。

 ただ、足元の物価上昇率は0%台後半で推移しており、「今後の企業の価格設定スタンスが重要な鍵を握っている」と指摘した。

 会合後に行われた記者会見で、黒田総裁は東海地区について「景気拡大のフロントランナー」とし、日本経済の牽引(けんいん)役としての期待を寄せた。

 一方、米連邦準備制度理事会(FRB)の次期議長に理事のパウエル氏が指名されたことについては、「現議長の下で金融政策を運営しており、引き続き米国や世界経済を勘案しながら、適切な金融政策を運営するだろう」と述べた。