【フロントランナー 地域金融】朝日信用金庫小石川支店の寺島信之支店長(1) (1/2ページ)


【拡大】

 ■金利競争避け課題解決型の融資注力

 「営業に奇手奇策なしと言われるように、支店運営にも奇手奇策なし。凡事徹底の意識で取り組んできました」

 こう話すのは朝日信用金庫小石川支店の寺島信之支店長だ。小石川支店は2016年度下半期の業績評価で、法人融資や預かり資産といった営業分野のほか、外部機関によるCS(顧客満足度)調査といった分野まで総合的に評価され、優績店表彰を受けた。

 小石川支店が立地するのは東京都文京区春日。営業エリアには30に迫る金融機関の支店がある金融激戦区だ。

 小石川支店は、02年に朝日信用金庫が合併する以前の旧文京信用金庫の本店。歴史ある店舗だけに古くからの顧客は多いが、既存取引の維持だけでは業容を拡大できない。一方で、やみくもな融資提案では金利競争に陥ってしまう。そこで、融資戦略上注力しているのが、課題解決型融資だ。事業の内容や将来性に着目した事業性評価融資の推進もこの一環。これを実践することで貸出金と金利の両面で実績を上げてきた。

今、あなたにオススメ
Recommended by