【現場の風】ソフトバンク、ワイモバイルは“強み”「ニーズの二極化に適応」 (2/2ページ)

ソフトバンクの榛葉淳副社長
ソフトバンクの榛葉淳副社長【拡大】

 --総務省による携帯電話料金の引き下げ指示よりも前から格安スマホに参入していた

 「市場ニーズをきっちり把握していくべきだという考えだった。スマホ初心者が最初から「iPhoneX」など10万円台の端末かというと違うだろう。2つをうまくブランディングしていき、奏功したのだと思う」

【プロフィル】榛葉淳

 しんば・じゅん 東京経済大経営学部卒。1985年日本ソフトバンク(現ソフトバンクグループ)入社。2005年ソフトバンクBB(現ソフトバンク)取締役、2011年ウィルコム(同)取締役、今年4月から現職。静岡県出身。