「ミシュランガイド」で本業タイヤのブランド力向上 「桁外れの武器」 (1/3ページ)

昨年9月、シンガポールで行われたミシュラン・ガイドの授賞式(ブルームバーグ)
昨年9月、シンガポールで行われたミシュラン・ガイドの授賞式(ブルームバーグ)【拡大】

 アジア事業拡大で低価格の中国製タイヤとの競争激化に直面するフランスのミシュランが、ブランドイメージ向上に向け高級レストランガイドの拡充を進めている。アジアでの自社ブランドの魅力を高める幅広い取り組みの一環として、12月に自社の名前を冠したレストランガイドのバンコク版を発表する。

 ライバルに対抗

 同社は7月に米国のワイン格付け会社ロバート・パーカーに40%出資。シンガポールや香港、マカオなどで試飲イベントを開催しており、これらの地域についてミシュランも既にレストランガイドを発行している。

 おいしい鶏肉のワイン煮を提供する高級レストラン探しとタイヤ販売とはほとんど関係ないように見えるが、ミシュランは中国の山東玲瓏輪胎や風神輪胎に対抗する際に、自社ブランドを高品質と位置付ける上でレストランガイドが役立つと期待している。

 アンリ最高財務責任者(CFO)は7日までにインタビューに応じ、「このガイドは成熟国での当社のブランドイメージの一翼を担っている。初めて車を買う人が増えている新興国でこのブランドの魅力を多少再現できるとみている」と語った。

 アジアでの事業拡大はミシュランの欧米依存度を低くすることに貢献しそうだ。同社は売上高の4分の3以上を欧米市場に依存している。

1900年に創刊、ドライブのきっかけに一役買う