グーグルが自動運転の「ロボットタクシー」を公道で実験開始へ

「ウェイモ」のクラフチックCEO(AP)
「ウェイモ」のクラフチックCEO(AP)【拡大】

 【ワシントン=塩原永久】米IT大手グーグル系の自動運転車開発企業「ウェイモ」は7日、自動運転車による配車サービスを始める方針を明らかにした。アリゾナ州内の公道で来年前半に実証実験を開始する見通し。将来的に利用者以外は誰も乗車しない「ロボットタクシー」を走らせ、サービスを商業化するという。

 同日、ポルトガルで開かれたイベントで、クラフチック最高経営責任者(CEO)が表明した。

 ウェイモは約8年かけて自動運転車を開発し、今年からハンドルやブレーキなどの操作が不要な完全自動運転車を公道で走らせる実験を始めていた。従来の公道での自動運転車は不測の事態に備え、運転席に人間が乗車したが、今回の配車サービスの実験では、運転手も乗せない世界初の試みになるという。利用者は携帯電話のアプリで配車し、指定場所まで乗車する。