ソニーの犬型ロボ「アイボ」、予約11日再開 初回分は30分で完売

ソニーの犬型ロボット「aibo」
ソニーの犬型ロボット「aibo」【拡大】

 ソニーは11日午前11時1分から、人工知能(AI)を搭載した犬型ロボット「aibo(アイボ)」の先行予約販売をインターネット直販サイトで再開する。1日夜に受け付けた初回分に続き販売数量を明らかにしていないが、上限に達し次第、終了するとしている。

 約12年ぶりの復活が話題となり、初回分は開始から約30分で完売した。本体価格は21万3840円で、使用するにはさらに3年間のプランへの加入が必要となり、一括払いだと9万7200円。いぬ年の来年1月11日に発売する。

 現状では、先代のモデルと同様に飼い主の顔などを認識し、しぐさや芸を覚えていく「ペット」の位置付けだ。ソニーは今後、開発仕様を公開する予定で、第三者が開発するアプリにより見守りや家電操作といった新機能をどこまで追加できるかが焦点となっている。