カルビーのご当地ポテト、第2弾は19都道県の味 第1弾は予想を超える反響

カルビーご当地ポテトチップス第2弾の19都道県の味
カルビーご当地ポテトチップス第2弾の19都道県の味【拡大】

 カルビーは8日、47都道府県の地元ならではの味を再現したご当地ポテトチップスの第2弾として、19都道県の商品を発表した。13日から12月下旬ごろまでの期間限定で、それぞれの地元やその周辺などで販売する。

 ご当地ポテチは地域活性化を目指すカルビーの取り組みの一環で、地元関係者らと協議して開発した。栃木はサケや大根おろし、ニンジンなどを酒かすで煮込んだ郷土料理「しもつかれ味」、三重は伊賀流忍者の携帯食といわれる「干し肉と梅味」にした。

 9月に発売した第1弾、17道府県の味は予想の1.5倍の計約700万袋を販売。東京都内で記者会見した伊藤秀二社長は「定番ポテチに上乗せして購入されており、特別感のある商品を消費者は期待している」と話した。