自動車7社、全社が増収 9月中間 新興国好調、北米は苦戦 (1/2ページ)

三菱自動車が東京モーターショーで公開したSUVの電気自動車、前年赤字だった三菱自も黒字転換を果たした
三菱自動車が東京モーターショーで公開したSUVの電気自動車、前年赤字だった三菱自も黒字転換を果たした【拡大】

 自動車大手7社の2017年9月中間連結決算が8日、出そろった。全社が前年同期比で増収となり、最終利益は4社が増益となった。燃費データ不正問題で前年赤字だった三菱自動車も黒字転換を果たした。新興国で販売を伸ばした企業の好業績が目立った。18年3月期の通期業績予想は、3社が上方修正する一方、無資格検査問題を起こした日産自動車とSUBARU(スバル)は下方修正し明暗が分かれた。

 ホンダは、中国での四輪車販売台数が前年同期比19%増の72万9000台と、上半期として過去最高。倉石誠司副社長は「『シビック』などの基幹車種が好調だった」と話した。インドで過去最高となる82万6000台を販売したスズキは営業利益、最終益とも最高を更新。三菱自は、インドネシアなどASEAN地域での販売台数が15%増だった。

 全社増収でも、営業利益で4社、最終利益で2社が減益となった要因の一つには、タカタ製エアバッグ関連の費用増などがある。ホンダや日産、スバルの利益を押し下げた。

 また、北米での苦戦も、各社の採算を悪化させた。トヨタ自動車は北米での営業利益が前年同期から半減。マツダの丸本明副社長は米国事業について、「乗用車の需要減少と競争激化で販促費を増加せざるを得なかった」と述べ、販売力強化に取り組む考えを示した。スバルは、米国での販売が従来見通しほど伸びないとして、通期業績予想の下方修正につながった。

各社の中間連結決算を数字で