三越伊勢丹、リストラと社内融和の“ジレンマ” 早期復活見通せず (1/3ページ)

来年3月の閉鎖が決まった伊勢丹松戸店=千葉県松戸市
来年3月の閉鎖が決まった伊勢丹松戸店=千葉県松戸市【拡大】

 百貨店最大手の三越伊勢丹ホールディングスが、業績低迷にあえいでいる。インターネット通販などの台頭で主力の衣料品が不振に陥っただけでなく、競合他社に比べリストラや業態転換が遅れたためだ。大西洋前社長の突然の辞任を受け4月に就任した杉江俊彦社長は、7日に中期経営計画を発表するなど構造改革を急ぐが、社内の融和も進める必要がある。経営のかじ取りは難しく、名門百貨店の早期復活は見通せない。

 変化に対応できず

 10月末の午前7時。早朝にも関わらず、幕張本郷駅(千葉市)のロータリーには100人程度の男女が行列を作っていた。送迎バスが10分おきにやってきては次々に人が吸い込まれ、すぐにまた行列ができる。

 皆、衣料品通販サイト「ゾゾタウン」を運営するスタートトゥデイの物流倉庫(千葉県習志野市)で働く従業員らだ。梱包(こんぽう)作業などに従事する20代男性は「仕事は忙しい。時間によってはバスがすし詰め状態になることもあり、早めに来ている」と話した。実際の店舗ではなく、洋服をネットで買う若者らが増え、ゾゾタウンの取り扱い量も急増。同社は物流倉庫を増やす計画だ。

 ネット通販などの成長のあおりを受けたのが、衣料品を主力に据えてきた百貨店。2016年の全国の百貨店売上高は36年ぶりに6兆円を下回り、ピーク時の1991年に比べ売り上げ規模は6割に縮小した。

 好調な業績を受けスタートトゥデイの時価総額は8月に1兆円を超え、前沢友作社長は「さらに上を目指す」と胸を張る。一方、スタートトゥデイより売り上げ規模が10倍以上あるにもかかわらず、三越伊勢丹の時価総額は半分以下の5000億円弱に過ぎない。

スタートトゥデイへの対抗心をあらわに

今、あなたにオススメ
Recommended by