京都市、パナソニックや京産大と連携 宅配ボックスで再配達減少へ (2/2ページ)

 また、大学に設置されたボックスは、最初からこのボックスを配達先に指定できる。

 経済学部4回生の丹羽亮太さん(21)は、「月に3~4回は再配達してもらっている。ネット通販は便利なので利用を減らせないが、大学構内で受け取ることができればとても便利」と話していた。

 パナソニックは昨年、共働き世帯の多い福井県あわら市で106世帯をモニターに実証実験を実施。再配達率が設置前の49%から8%に激減したという。配達業者の勤務時間も4カ月で222時間削減されたという。京都市もあわら市同様の削減を目指す。

今、あなたにオススメ
Recommended by