【論風】起業家の密度とエコシステム形成 大学ベンチャー、広域性生かせ (1/2ページ)

 □東京大学政策ビジョン研究センター教授・渡部俊也

 9月22日に東京証券取引所マザーズ市場に上場した東京大学関連のPKSHA Technology(パークシャテクノロジー)は創業5年の若いベンチャー企業であるが、10月20日の時点で時価総額が1595億円に達した。人工知能(AI)関連で注目されたこともあるが、同社だけではなく東京大学関連ベンチャーの上場はすでに17社、時価総額は1.4兆円を超える規模となっている。東京大学のベンチャー創出のペースは年間30社を超え、ビジネスプランの募集イベントなどをやると、たちまち多くのチームが集まり、起業家教育のプログラムには学生が何百人も受講するという活況ぶりは10年前の東京大学では考えられなかった。

 人材の流れもベンチャーに向かい始めた。東京大学の学生・大学院生も、かつてのように大企業や官庁だけでなく、ベンチャー企業への就職や、自ら起業することを選択することも普通になった。中核を成すエンジニアはほとんど学生というベンチャー企業が急成長していたりする。

 「外部性」が働く世界

 ただ、このような現象は東京大学の中でも平均的に生じているわけではなく特定の学部や分野に集中している。自分の友人や先輩の一人がベンチャーにかかわっていたところで、それはちょっと変わった進路を選んだ友達がいたという程度にとどまり、自分自身の具体的選択肢になることはないかもしれない。しかし友人や先輩の複数、また指導教員もベンチャーにかかわっているなどとなれば、ベンチャー企業は進路の選択肢として、俄然(がぜん)意識されるようになる。加えて経済的にも夢をかなえた友人や先輩がいるということは、もちろん重要な誘因となる。起業やベンチャービジネスにはリスクが伴い、事業に失敗する可能性もあるが、多くのベンチャー企業が周辺に存在すれば、一つの企業で失敗しても、隣のベンチャー企業で仕事を見つけられる。要はその地域のベンチャー企業全体が成長していることが大切なのだ。

大学を介すことで地域を越えた波及効果は期待できる