住友林と熊谷組が資本提携

 住友林業と熊谷組は9日、資本業務提携を結んだと発表した。緑化関連の建設や再生可能エネルギーなどの事業で協力する。

 第三者割当増資などにより住友林業は今月中に熊谷組の発行済み株式総数の20.0%を取得する一方、熊谷組は住友林業株式の2.85%を取得する方針。

 国内の住宅、建設市場は人口減少などが予想されるため、提携で技術開発や海外市場の開拓などの分野で相乗効果を見込むとしている。

今、あなたにオススメ
Recommended by