【Sakeから観光立国】関東信越国税局の新しい取り組み (1/2ページ)

(左から)竹田酒造店の竹田成典代表、府中誉の山内孝明社長、刀禰俊哉局長、外池酒造店の外池茂樹社長
(左から)竹田酒造店の竹田成典代表、府中誉の山内孝明社長、刀禰俊哉局長、外池酒造店の外池茂樹社長【拡大】

 □平出淑恵(酒サムライコーディネーター)

 関東信越国税局は、管内の茨城、栃木、群馬、埼玉、新潟、長野の6県の中に、全国の国税局で最も多い342の酒蔵を抱えている。今年88回目となる同国税局酒類鑑評会の技術研究会に、筆者も参加する機会を得た。

 今回は208の酒蔵から吟醸酒175点、純米吟醸酒190点、純米酒76点が出品され、「吟醸酒の部」で外池酒造店(栃木県益子町)の「燦爛(さんらん)」が最優秀賞を受賞。「純米酒の部」は竹田酒造店(新潟県上越市)の「かたふね」、全国に先駆けて新設された「純米吟醸酒の部」は府中誉(茨城県石岡市)の「渡舟(わたりぶね)」がそれぞれ最優秀賞を受賞した。

 鑑評会は、国税局管内で製造される酒類の品質向上を図り、酒類業の健全な発達に役立つことを目的に毎年、開催されている。

 今回、関東信越国税局では、製造技術力の向上や産業振興に向けて、これまでの出品区分である、吟醸酒の部、純米酒の部に加え、新たに純米吟醸酒の部を設けて、酒造会社間で技術を深めあう機会を拡大するなど、大幅な改革を行った。

 純米酒はここ数年、市場価値が高くなっていることから、製成数量比率(製造場で造られた酒類の数量割合)が大幅に増えているためだ。

 今回の鑑評会は前回よりも多くの出品を数え、刀禰俊哉局長は表彰式で「いずれもが、香りと味が調和した逸品ぞろいの、素晴らしい酒質であったと伺っている。当局としては、見直しにより、いずれの部においても一層の技術の向上がなされ、当局管内の清酒の評価がさらに高まっていくことを期待している」とあいさつした。

今、あなたにオススメ
Recommended by