【フジテレビ商品研究所 これは優れモノ】パナソニック 掃除機「iT」 (1/4ページ)

サイクロン式。重量は2.2キロ、オープン価格
サイクロン式。重量は2.2キロ、オープン価格【拡大】

  • 紙パック式。重量は2.3キロ、オープン価格
  • 本体を持つ手を軽くひねるとノズル先端がi字型に変わり、細い隙間のごみも吸い取れる
  • パナソニックリビング商品課・柴田絢香氏

 □コードレススティック掃除機「iT(イット)」

 ■主力機として手軽に長く使える

 11月に入り、爽やかな晴れ間が続く日も多くなった。秋は乾燥した空気が大陸から運ばれ、秋雨によって大気中の塵(ちり)が落ちるため、大掃除には最適の季節でもある。今回の「これは優れモノ」は、手軽に掃除ができるコードレススティック掃除機を取材した。

 ◆心理的バリアー取り除く

 「掃除機をかけることの心理的なバリアーを取り除くことが目標です」と話すのは、パナソニックリビング商品課の柴田絢香(あやか)さん(23)。今回取材する掃除機は、柴田さんが同社入社後に初めて担当する商品だという。

 現在、国内にはさまざまなタイプの掃除機が流通している。昔からあるキャニスタータイプといわれる、本体と吸い込みノズルがホースでつながれているもの。充電式のコードレスで軽量なスティックタイプ。さらには、自動で動くロボット掃除機などだ。また、ごみの集塵(しゅうじん)方式にも紙パック式やサイクロン式などがあり、いざ購入する際に迷う人も多いのではないだろうか。

 柴田さんによると、現在の市場ではキャニスタータイプの流通量が多い。週末にまとめて徹底的に掃除をするという家庭を中心に好まれているという。

今、あなたにオススメ
Recommended by