グーグル、AIで中国再進出 市場開拓に立ちはだかる「検閲と忠誠心」のカベ (1/4ページ)

グーグルが7年前に中国市場から撤退する前に中国部門の本社が入居していたビル=2010年12月、北京(ブルームバーグ)
グーグルが7年前に中国市場から撤退する前に中国部門の本社が入居していたビル=2010年12月、北京(ブルームバーグ)【拡大】

 米インターネット検索大手グーグルが7年ぶりに中国市場に進出する。ただし、今回は検索エンジンではなく人工知能(AI)で攻勢をかける計画だ。関係者によれば、グーグルは世界最大のネット市場での企業間の関係構築を目指し、オープンソースの機械学習システム「TensorFlow(テンサーフロー)」を同国の研究者やハイテク企業などに幅広く売り込もうとしている。一方、親会社の米アルファベットはAI投資先候補の発掘に向け、新規採用を進めている。

 グーグルが2010年に中国市場から撤退するまで中国部門を率いていた李開復氏は「中国はあらゆる企業にとって極めて大きなチャンスだ。ネット市場への参加者数は世界で最も多く、得られるデータは特にAI関連製品の向上に役立つ」と説明する。

 関与手段見つからず

 しかし、中国に進出しても成功が約束されているわけではない。国内のネットや海外の一部ウェブサイトを制限するネット検閲システム「グレイトファイアーウォール」や法規制、技術に対応する海外サーバーや技術的な対処法がなければ、中国のソフトウエア開発会社はグーグルのクラウドを活用したAIツールにアクセスできないからだ。

 グーグルはまた、音声認識スピーカーや自動運転車などの開発に欠かせないAIの開発をめぐり、中国の検索大手、百度(バイドゥ)をはじめ、中国企業との厳しい競争に直面することになる。

それでも復帰に意欲的