グーグル、AIで中国再進出 市場開拓に立ちはだかる「検閲と忠誠心」のカベ (2/4ページ)

グーグルが7年前に中国市場から撤退する前に中国部門の本社が入居していたビル=2010年12月、北京(ブルームバーグ)
グーグルが7年前に中国市場から撤退する前に中国部門の本社が入居していたビル=2010年12月、北京(ブルームバーグ)【拡大】

 それでもグーグルは中国市場への復帰に意欲的だ。政府の検閲をめぐり10年に中国本土の検索事業などのサービスから撤退後、同社は再進出の道を模索してきたものの、まだ成果はない。中国はグーグルの基本ソフト(OS)「アンドロイド」搭載スマートフォンの最大の市場に成長したにもかかわらず、グーグルのサービスは提供されていない。

 グーグルのピチャイ最高経営責任者(CEO)は最近のインタビューで、「中国への関与を拡大する。その手段については慎重に検討するが、答えはまだ見つかっていない」とコメントしていた。

 開発者獲得を重視

 新商品発表会のときの華々しさとは対照的に、グーグルの直近の中国戦略は開発者獲得を重視する草の根的な取り組みだ。米国に拠点を置くエンジニアらは北京と上海で過去数カ月以内に開かれたテンサーフローの開発者イベントで、説明会を少なくとも3回にわたり実施した。このうち2つは招待制で、参加者は録音や撮影、セッションについてのブログ投稿をしないよう求められたという。グーグルはイベントについて、テンサーフローのユーザーである世界各地の開発者をサポートするもので、中国に限定した取り組みではないと説明している。

 中国でのAI強化の取り組みは「AI第一主義」を掲げるピチャイCEOの主義主張にも合致する。15年から無償提供を始めたテンサーフローはこの中核に位置する。

 同社のクラウドサービス部門は今年、テンサーフローに対応する新たな半導体チップのアクセス権の貸し出しを始めた。

中国のAI開発環境、世界でもトップクラス