ダイハツ、介護施設向け送迎支援システム開発 福祉事業で軽市場てこ入れ

ダイハツ工業が一部改良した軽福祉車両「アトレースローパー」=13日、東京都千代田区
ダイハツ工業が一部改良した軽福祉車両「アトレースローパー」=13日、東京都千代田区【拡大】

 ダイハツ工業は13日、通所介護(デイサービス)施設の利用客を送迎する業務を支援するシステムを開発したと発表した。介護事業大手のSOMPOケアネクスト(東京都品川区)の一部介護施設で実証試験を今夏から進めており、来年度中の販売を目指す。ダイハツの軽自動車とのセット販売も検討し、福祉事業の拡大につなげる考え。

 開発した「らくぴた送迎」は介護施設側がインターネット経由で導入。パソコンで利用客の基本情報を入力するだけで、送迎計画を自動で作成。従来1時間かかっていた計画作成時間を約15分に短縮できる。

 送迎先の自宅ごとに到着と出発の時間を計算。最終的に介護施設に戻る時間も表示。ドライバーも専用スマートフォンでこれらの時間を確認できる。送迎のキャンセルが発生した場合、「送迎スケジュールを確認してください」といった音声がスマホに通知される。

 ダイハツは軽自動車をベースとした福祉車両を6車種用意。約1万3800台が販売される軽福祉車両市場で約5割のトップシェアを握り、2016年度実績は前年度比約1割減の6697台だった。

 松林淳(すなお)取締役は、都内で開いた会見で「モノとサービスをセットで提供することで軽自動車を広げたい」と市場のてこ入れに意欲を示した。

 また、軽商用車「ハイゼット カーゴ」と軽乗用車「アトレー ワゴン」を一部改良し13日発売。歩行者も認識し衝突を回避する自動ブレーキなどを搭載し、両車両がベースの車いす移動車などにも反映した。