会社のサポート、9割が「不十分」 働き方改革、部課長に丸投げ

 働き方改革に対する会社のサポートが不十分だと部課長クラスの91.8%が感じている-。働き方の見直しを啓発しているNPO法人「ファザーリング・ジャパン」の調査でこんな結果が出た。69.5%が部下の管理でストレスを抱えていることも判明。中間管理職が働き方改革の推進を任され、苦悩している姿が浮かんだ。

 調査は8月にインターネットで実施。従業員50人以上の企業の部課長クラス約1000人が回答した。

 企業の65%近くが年次有給休暇の取得促進と残業時間の削減に取り組んでいる。一方、中間管理職の立場では推進が難しい項目(複数回答)に、38.4%が「業務の削減」、26.9%がテレワークや在宅勤務といった「柔軟な働き方のための制度利用促進」を挙げた。

 会社のサポートが「十分にある」が8.1%にとどまるのに対し「あるが足りていない」は49.1%、「ほとんどない」は34.3%、「全くない」は8.4%だった。

 必要とする会社のサポート(複数回答)は「業務の削減」が51.5%と突出している。「管理職へのマネジメント研修」(36.4%)や「会社全体の方針の明文化」(30.6%)も多かった。

 ファザーリング・ジャパンには「業務が減らない」「部下は帰すが自分が残業している」といった声が寄せられている。安藤哲也代表理事は「企業は働き方改革の号令を掛けるだけで現場に丸投げするのではなく、トップが経営方針として打ち出し、具体的で適切なサポートをすることが大事だ」と指摘している。