ソフトバンク、ウーバーに1兆円出資 「最重要」相乗り事業に投資加速 (1/2ページ)

 5月に10兆円規模の投資ファンドを立ち上げたソフトバンクグループが、世界でさまざまな分野への投資活動を加速させている。なかでも孫正義社長が「非常に重要な業界」と位置付けるのが、米配車大手ウーバー・テクノロジーズなどの「ライドシェア(相乗り)」事業者だ。すでに中国やインドでも配車大手に出資しており、全世界でライドシェア事業の拡大に乗り出す考えだ。

 「交通機関の利用方法や生活様式は、今日と30年、50年後ではまったく違うものになる」

 孫社長は8月の決算記者会見でこう述べ、配車事業への出資に注力する理由を説明した。

 ソフトバンクの配車事業への出資は、2014年のインドのANIテクノロジーズ、シンガポールのグラブに始まり、12日に最大で計100億ドル(約1兆1360億円)相当の出資の合意が明らかになったウーバーで5社目となる。出資額は単独出資以外も含めると計200億ドル規模に達するとみられ、ソフトバンクの投資戦略の中でも中核に位置付けられる。

 各社のサービスは、スマートフォンのアプリで一般の自家用車を呼び出すというものだが、日本では「白タク」として禁じられていることもあって普及が遅れている。ただ、公共交通機関のない過疎地などでは利用が進みつつある。

【一覧】ソフトバンクグループが出資するライドシェア企業