自動車室内環境を向上させるジュラコンR POM低VOCグレード”LVシリーズ”の紹介記事を公開


【拡大】

2017年11月14日

ポリプラスチックス株式会社

自動車室内環境を向上させる低VOCグレード
ジュラコン? POM “LVシリーズ”の紹介記事を公開

ポリプラスチックス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:塩飽 俊雄、以下、ポリプラスチックス)は、このほど、ジュラコン? POMにおいてVOCの発生を低減させる低VOCグレード開発と自動車部品への応用事例の紹介記事を11月14日に同社WEBサイトに公開しました。

▼ポリプラスチックス株式会社公式サイト
https://www.polyplastics.com

▼ジュラコン?POM低VOCグレード開発と自動車部品応用事例
https://www.polyplastics.com/jp/product/appli/car_voc/index.vm

■ジュラコン?POM低VOCグレードとは
POMは、エンジニアリングプラスチックの一つであり、機械的、化学的な特性にバランスよく優れ、コストパフォーマンスもよいことから、自動車や電気電子機器等の各種部品の材料として幅広く使われていますが、VOC(揮発性化学物質)の一つであるホルムアルデヒドが発生する可能性があります。そのVOC発生を低減させるために開発されたのが幣社のPOM低VOCグレードです。
幣社のPOM低VOCグレードには、標準グレード以外に耐候性向上グレード、摺動性改良グレード、ガラス強化グレードなどの各種特殊グレードがございます。様々な部品・用途へのVOC低減対策の手段の一つとなる素材です。

■今回の記事公開の意図
近年、住宅などと同様に自動車室内のVOC濃度の規制がされるようになってきました。また、自動車室内の快適性向上のために、健康面への影響の有無にかかわらず、臭気を有する化学物質の発生を低減させる動きもあります。このような市場のニーズに合わせて、各種低VOCグレードを比較検討していただけるよう、本グレード開発記事を代表的なグレードの紹介とともにWEBサイトに公開することとなりました。

* DURACON?、ジュラコン?は、ポリプラスチックス株式会社が日本その他の国で保有している登録商標です。

■今後の展開
ポリプラスチックスはエンジニアリングプラスチックの素材メーカーです。素材メーカーならではの材料技術のみならず、成形・加工技術の開発にも積極的に取り組んでいます。今回ご紹介した材料や技術に加え、成形・加工技術を融合させた幣社の新たな発想を生産者のみなさまにお届けしたいと考えております。今後も弊社の材料情報や設計技術について、引き続き自社サイトに公開していく予定です。

■会社概要
商号   : ポリプラスチックス株式会社
代表者  : 代表取締役 塩飽 俊雄
所在地  : 〒108-8280 東京都港区港南二丁目18番1号 JR品川イーストビル13階
設立   : 1964年5月
事業内容 : 各種ポリマー及びプラスチック等の製造販売
資本金  : 30億円

今、あなたにオススメ
Recommended by