新しいスキャンヘッドでレーザービーム・フォーカスがさらに安定

新しいスキャンヘッドでレーザービーム・フォーカスがさらに安定

AsiaNet 71021 (1807)

【ベッドフォード(米マサチューセッツ州)2017年11月14日PR Newswire=共同通信JBN】
*Cambridge Technologyがファイバーレーザーのアプリケーションに3-Axis Lightning(TM) II FXとProSeries 2 FXを発表

ノヴァンタコーポレーション(Novanta Corporation、「ノヴァンタ」)の1事業部門であるCambridge Technologyは14日、ファイバーレーザー・アプリケーションの最新の3軸スキャンヘッドLightning(TM)II FXとProSeries 2 FXを発表した。Lightning II FXとProSeries 2 FXは3軸スキャンヘッド・シリーズの一部で、加工面全体にわたってレーザースポットの維持を確実にする統合されたダイナミックフォーカスモジュール(DFM)が特徴である。

Lightning II FXは業界で最先端のオールデジタル技術で構築され、極めて高水準の速度と正確さを提供している。この新しいスキャンヘッドはファイバーレーザー・アプリケーションの最も厳しい要求に応えるために設計された。ProSeries 2 FXは広範なアプリケーションを持ち、現場で実証され、信頼性が高く、優れた費用対効果を備えた技術である。両製品はレーザー積層造形、レーザー溶接、レーザー切断、レーザー表面処理などのアプリケーションに設計されている。

両製品の新FXバージョンは、より高出力のファイバーレーザーとともに使用されたときに、安定的で高品質のレーザービーム・スポットを実現する能力が拡大する。Lightning II FXとProSeries 2 FXはファイバーレーザー波長の高い反射性と新しいダイナミックフォーカスモジュール・レンズでの新しいミラーコーティングが特徴で、光学的損失と吸収を最小にする。こうした特徴は併用時において安定的なフォーカス特性を提供し、高出力レベルでの熱レンズの可能性を低減する。

Cambridge Technologyのグローバルセールス担当副社長であるグンナー・ストルゼ氏は「Lightning IIの新FXバージョンは強化されたレーザービーム・フォーカスの安定性を提供し、航空宇宙、自動車、エレクトロニクスの各産業で必須要件である高品質な完成品を実現するために、加工面に一貫した密度のパワーを届ける」と述べた。

Lightning II FXデジタルスキャンヘッドとProSeries 2 FX スキャンヘッドについてのより詳細な情報はwww.cambridgetechnology.com を参照のこと。Cambridge Technologyの最新のLightning II FXとProSeries 2 FXスキャンヘッドの発表は、個別ビームステアリング・コンポーネントから完全統合のフォトニクス・ソリューションに至るまでの広範な選択肢を提供し、顧客を成功へと導くというコミットメントを表している。

▽Cambridge Technologyとノヴァンタについて
ノヴァンタのCambridge Technology事業は、約50年間にわたり、ポリゴン、ガルバノメーター・ベースの光学スキャンコンポーネント、2軸および3軸スキャンヘッド、スキャンサブシステム、高出力スキャンヘッド、および制御ハードウエアとソフトウエアなど革新的なビームステアリング・ソリューションを開発してきた。

当社は主要なOEMと協力して、そのニーズを満たす製品を設計している。主要な市場アプリケーションには、添加剤製造、レーザーコンバーティング、レーザーマーキング、バイアホール・ドリリング(穴あけ)などの高度な工業プロセスや、レーザー治療、光干渉断層撮影などの医療用アプリケーションが含まれる。ノヴァンタ(親会社Novanta Inc.の下で公開、NASDAQ: NOVT)は、フォトニクス、画像、精密運動技術に関する独自の深い専門知識を持つ医療および先端工業技術市場のOEMメーカにとって、信頼できる技術パートナーである。

ソース:Cambridge Technology

▽問い合わせ先
Maura Fitzpatrick
VP of Product Management & Marketing
Cambridge Technology
+ 1-781-266-5785
maura.fitzpatrick@cambridgetechnology.com

今、あなたにオススメ
Recommended by