ジョンソン・エンド・ジョンソン・イノベーションがDigital Beauty QuickFire Challenge始動

ジョンソン・エンド・ジョンソン・イノベーションがDigital Beauty QuickFire Challenge始動

AsiaNet 71010 (1812)

【サンフランシスコ2017年11月14日PR Newswire=共同通信JBN】
*深刻な消費者スキンケア問題に取り組む

ジョンソン・エンド・ジョンソン・イノベーション(Johnson & Johnson Innovation LLC)はジョンソン・エンド・ジョンソン・コンシューマーカンパニー(Johnson & Johnson Consumer Inc.)とともに14日、Digital Beauty QuickFire Challengeの応募受け付け開始を発表した。このチャレンジは、新興企業が世界の消費者のために、スキンケア効果向上を目指す斬新で未来志向のデジタルビューティー・ソリューションを生み出すことを奨励するものである。チャレンジの勝者(単独あるいは複数)には、商業化に向けた試作品開発の支援資金として、最高総額5万ドルが授与される。ジョンソン・エンド・ジョンソン・イノベーションはこの資金に加え、専門家ネットワークへのアクセス、利用可能なジョンソン・エンド・ジョンソン・イノベーション・JLABS(Johnson & Johnson Innovation, JLABS、JLABS)における最長1年の研修、ジョンソン・エンド・ジョンソン・コンシューマー・エクスペリエンスセンター(Johnson & Johnson Consumer Experience Center、CxC)入場機会も勝者に提供する。勝者はCxCでカスタムデザインし、無料で研究イニシアチブ1件を実行することができる。

Logo - http://mma.prnewswire.com/media/602394/Johnson_Johnson_Innovation_Logo.jpg

ジョンソン・エンド・ジョンソン・コンシューマーカンパニーのGlobal Beauty部門プレジデント、セバスチャン・ギヨン氏は「真のイノベーションは製品体験・効果を引き上げるだけでなく、スキンケア自体の定義そのものに挑戦する。次のビューティーテクの破壊者はそこにおり、このChallengeは有意義な未来志向のスキンケアソリューションを共同創造する最も有望な潜在的パートナーを見いだす役に立つだろう」と語った。

付帯条件のないインキュベーターJLABSのイニシアチブであるQuickFire Challengeは、学生、起業家、研究者、新興企業の応募を奨励することによって、画期的な科学・医療ソリューションを力づけ可能にすることを目指している。Digital Beauty QuickFire Challengeは以下のようなイノベーション3分野に注目する。

1. 洞察力創生ツール:在宅スキン評価、指導エンジン、製品選択と療法作成の個人ツールなど優れた情報に基づく消費者のスキンケア選択を可能にするツール

2. 影響追跡デバイスと付着ソリューション:汚染、UVなど皮膚影響要因の観察とスキン・バイオマーカーによって消費者のスキンヘルス管理改善を支援

3. デジタル技術・デバイス:にきび、紫外線による老化、湿疹など治療が難しい症状を持つ消費者のスキンヘルスを改善する従来の局所適用を超える効能の増強

ジョンソン・エンド・ジョンソン・コンシューマーカンパニーのGlobal Face and Sun R&D部門バイスプレジデント、ナオミ・フルジュエーレ氏は「われわれはこれを達成するため、見えないものを見えるようにして最難関のスキンケア課題に取り組む革新的デバイスとデジタル技術ソリューションを求めている。企業の壁の外にいる人々との強力なコネクテッド体験を生み出すことによって、われわれは消費者選好、ロイヤルティー、特異な個人化を構築することができる」と語った。

チャレンジ応募に関する情報と応募ガイドラインはhttps://jlabs.tv/DigitalBeauty を参照。応募締め切りは2018年1月19日。参加資格が審査され、勝者(単独あるいは複数)は2018年春に発表される。

▽ジョンソン・エンド・ジョンソン・イノベーションについて
ジョンソン・エンド・ジョンソン・イノベーション(Johnson & Johnson Innovation LLC)は世界のイノベーション各段階の加速に集中し、起業家とジョンソン・エンド・ジョンソンの世界的な医療事業とのコラボを形成する。ジョンソン・エンド・ジョンソン・イノベーションは科学者、起業家、新興企業に、ジョンソン・エンド・ジョンソンの医薬品、医療機器、コンシューマーカンパニー各社との協力を手助けする科学技術専門家へのワンストップ・アクセスを提供する。ジョンソン・エンド・ジョンソン・イノベーションは各事業の傘下で、地域イノベーションセンター、JLABS、ジョンソン・エンド・ジョンソン・イノベーションJJDC(Johnson & Johnson Innovation - JJDC, Inc)、および事業開発チームを通じてイノベーターを結びつけ、満たされていない患者ニーズに応えるイノベーション開発を加速する特別契約と新たなコラボをつくり出す。詳しい情報はwww.jnjinnovation.comを参照。

▽ジョンソン・エンド・ジョンソン・イノベーションJLABSについて
ジョンソン・エンド・ジョンソン・イノベーションJLABS(Johnson & Johnson Innovation, JLABS、JLABS)はオープンなイノベーション・エコシステムの国際ネットワークで、イノベーターが世界の患者の生命を救助・強化する健康ソリューションの創生を可能にして強化する。JLABSは、新興企業が主要な業界コネクションを取り入れ、起業家精神あふれるプログラムを実行し、資本効率が高く柔軟なプラットフォームを提供、成長を促進し研究開発を最適化する最善の環境を提供することによってこれを達成する。彼らはそこで、今日の科学的発見を明日の画期的な医療ソリューションに転換することができる。JLABSでは、優れたアイデアを評価し、成功への障害除去に情熱を傾け、イノベーターが初期的な科学的発見の可能性を解き放つことに一役買う。JLABSは付帯条件のないモデルで、それは起業家が知的所有権を維持しながら、自由に自分たちの科学を開発できることを意味する。JLABSは医薬品、医療機器、消費者、デジタル医療部門を含む広範な医療領域全体の起業家に開かれている。JLABSに関する詳しい情報はwww.jlabs.jnjinnovation.comを参照。

▽ジョンソン・エンド・ジョンソン・コンシューマーカンパニーについて
ジョンソン・エンド・ジョンソン・コンシューマーカンパニー(Johnson & Johnson Consumer Inc.)は世界最大級の消費者医療、パーソナルケア製品企業である。ジョンソン・エンド・ジョンソン・コンシューマーカンパニーはグローバル本社をニュージャージー州ニューブランズウィックに置き、ジョンソン(R)、バンドエイド(R)ブランドの接着性バンド、ニュートロジーナ(R)、タイレノール(R)、MOTRIN(R)、リステリン(R)など世界で最も信頼されている多くのブランドを製造している。ジョンソン・エンド・ジョンソン・コンシューマーカンパニーは革新的科学を活用し、消費者ニーズを想定した製品を製造する一方、消費者が健康で活力ある生活を送るのに役立つ体験も生み出している。ジョンソン・エンド・ジョンソン・コンシューマーカンパニーに関する詳しい情報はhttps://www.jnj.com/healthcare-products/consumer を参照。

ソース:Johnson & Johnson Innovation

▽問い合わせ先
Toneisha Friday (Johnson & Johnson Consumer Inc.)
+1 908-627-2720
tfriday3@its.jnj.com

Michele Beyer (Johnson & Johnson Innovation, JLABS)
+1 609-284-8213
mbeyer3@its.jnj.com

今、あなたにオススメ
Recommended by