「印刷と私」最優秀賞に4作品

 日本印刷産業連合会(日印産連、東京都中央区)のグリーンプリンティング認定事務局は14日、印刷にまつわる心温まる思い出やエピソードをつづった作品を表彰する「『印刷と私』エッセイ・作文コンテスト」の受賞作品を決定した。第1回となる今回は、グリーンプリンティングのPR大使でもある放送作家の小山薫堂氏が審査委員長となり「一般の部」で石島幹男さん(埼玉県)と馬場一恵さん(東京都)を、「小学生の部」で座間耀永さん(東京都)と坊垣心都さん(岐阜県)をそれぞれ「小山薫堂最優秀賞」に選んだ。他に「小山薫堂優秀賞」「優秀賞」などの受賞者も選定した。作品は21日からグリーンプリンティング認定制度のサイトで発表する。