メルカリ、売上金の預かり期間短縮

 インターネットで物品を売買するフリーマーケットアプリ運営のメルカリ(東京)は14日、出品者の売上金を預かる期間を1年から90日に短縮すると発表した。預かり期間の短縮で、出品者の資産をより安全に守れると判断した。90日の預かり期間を超えた売上金は、出品者の登録した銀行口座に自動的に振り込まれる。また、資金決済法の規制対象となる恐れがあるとして、売上金を直接使った商品の購入をできないようにする。出品者は売上金をポイントと交換した上で、商品を買えるように改める。これらの対策を、10月に発表した本人確認の強化策と併せ、12月上旬に導入する。

今、あなたにオススメ
Recommended by