優勝チームプレゼン、実際に採用 マルハン宿泊型インターンシップ

 マルハン(京都市上京区)は6日、東京都中央区のTKPガーデンシティPREMIUM京橋で宿泊型インターンシップ「戦国浪漫~道なき道を切り拓け~」の決戦イベントを開催した。

 同社は2014年度より大学生・短大生を対象に宿泊型インターンシップ「戦国浪漫~道なき道を切り拓け~」を実施。参加した学生が『マルハンの採用コンサルタント』にふんしてマルハンを知り、合同説明会を企画・実施することを通じて、社会人として必要とされる「理解する力」「人を感化する力」「人前でプレゼンする力」を養うプログラムとなっている。なお、学生たちが企画したプレゼンテーションのうち優勝した作品は、来年度の合同企業説明会で実際に採用される予定だ。

 今年の宿泊型インターンシップには、昨年度の倍以上となる5000人超のエントリーの中から57人の学生が参加。東日本会場(8月28日~9月1日)、西日本会場(9月5日~9月8日)の2会場で行われた3泊4日の宿泊型インターンシップでは、チームビルディング、インプットワーク、プレゼンテーションの作成・発表を通じて社会人として必要な知識とスキルを養い、4日目に『決戦』の出場権を賭けた最終プレゼンテーションを実施。これを勝ち抜いた東京3チーム、大阪2チームの計5チームがこの『決戦』に臨み、チーム「先手必勝」が優勝した。

 韓社長はあいさつで「各チームが素晴らしいプレゼンテーションを披露してくれた」と評価。また「このインターンシップを通じて経験したことを、これからの人生においても生かしてほしい」と激励した。(ニュース提供・LOGOS×娯楽産業)

今、あなたにオススメ
Recommended by