埼玉県内一斉ノー残業デー 「いい夫婦の日」の11月22日、飲食店の特典サービスも (1/2ページ)

埼玉高速鉄道のペア1日乗車券「いい夫婦ペアフリーきっぷ」(同社提供)
埼玉高速鉄道のペア1日乗車券「いい夫婦ペアフリーきっぷ」(同社提供)【拡大】

 「いい夫婦の日」となる11月22日、埼玉県公労使会議は「県内一斉ノー残業デー」を初めて実施する。働き方改革の取り組みの一環で、「勤労感謝の日」の前日に県内の自治体や企業、団体などに定時退社を呼びかける。県内各地では同日、さまざまなイベントが催され、働き方改革を盛り上げる。(黄金崎元)

 行政と労働団体、経済団体の代表者らが雇用や労働の課題を話し合う県公労使会議は今年9月、11月22日を県内一斉ノー残業デーとすることを決めた。11月22日に設定できない場合は、11月中に1日はノー残業デーを設けるよう促している。

 県勤労福祉課企画・働き方改革担当の関根昌浩主幹は「官民をあげて、長時間労働を是正する働き方改革を推進する取り組みだ」と説明する。

 県公労使会議には県や埼玉労働局、連合埼玉、県経営者協会、県商工会議所連合会、県商工会連合会、県中小企業団体中央会、埼玉中小企業家同友会などが参加。22日は大手から中小企業まで幅広い業種でノー残業デーを実施する。

 飲食店41店とも協力。帰宅時間帯の午後5時半から7時半まで特典サービスを受けられるようにする。