【現場の風】ソニー、今後もミラーレスカメラに注力「プロ市場を攻略する」 (1/2ページ)


【拡大】

 ■ソニー執行役EVP・石塚茂樹さん(59)

 --カメラ搭載のスマートフォンの普及でデジカメ市場は縮小している

 「台数での反転は簡単ではないため、台数は追わずに金額ベースで事業を拡大していきたい。ミラーレスカメラはグローバルで40%以上のシェアを持つ。それを保ちつつ、小型・軽量・プレミアムな価値を付加し差別化していく」

 --ソニーはカメラメーカーとして認知されているといえるか

 「かつては“電機屋のカメラ”と揶揄(やゆ)されたこともあったが、将来的にはカメラといえばソニーと呼ばれるようになることが夢だ」

 --今後もカメラで注力するのはミラーレスか

 「ミラーレスでプロ市場を攻略する。例えば、ミラーレス一眼の『α9』は無音、無振動の電子シャッターを搭載し、最高20コマ毎秒の高速撮影が可能だ。ゴルフ選手のスイング中も邪魔にならないよう静かに撮影できる。ミラーありの一眼レフカメラにはない価値だ」

近年は「インスタ映え」など写真への関心が高い