アストロスケール、英衛星開発と協業

 シンガポールの宇宙ベンチャー、アストロスケールは英小型衛星開発のサリー・サテライト・テクノロジー・リミティッド(SSTL)と協業に関する覚書を締結した。スペースデブリ(宇宙ごみ)の除去技術の開発、小型衛星の開発などを共同で取り組む。

 具体的には、アストロスケールが開発を進めている故障した人工衛星を軌道上から離脱させるサービスについて、実証実験を宇宙空間で行う際、SSTLが宇宙ごみを模擬した人工衛星「ターゲット」をSSTLが供給する。SSTLは2018年に国際宇宙ステーション(ISS)でのスペースデブリ緩和の技術実証実験でもターゲットを供給した。