日本カーリット、東レリサーチと提携 車載電池の受託試験で相互補完

充放電による電池の劣化などを確認する日本カーリットの危険性評価試験所=群馬県渋川市
充放電による電池の劣化などを確認する日本カーリットの危険性評価試験所=群馬県渋川市【拡大】

 産業用爆薬メーカーの日本カーリットは、東レリサーチセンター(東京都中央区)とリチウムイオン電池などの受託試験・解析分野で提携した。世界的に電気自動車(EV)化が加速する中、車載用電池の評価試験が増加しているのに対応。両社が不得意としていた領域を補完し合うことによって、川上(充放電・安全性)から川下(分析・解析)までの試験をワンストップで行える体制を構築し、業容拡大につなげていく。

 カーリットは赤城工場(群馬県渋川市)にある危険性評価試験所を拠点として、充放電による電池の劣化や電池に過負荷をかけた際の発火挙動などを確認している。

 しかし、劣化する原因や発火時に発生するガスの定性・定量分析を行えないため、データやサンプルを顧客に返却し、分析業務はユーザーが第三者に依頼していた。

 一方、リチウム電池の汎用(はんよう)化や車載用途の拡大などによって、東レリサーチは破裂を伴う可能性がある急速充放電試験など、単独では対応が難しい項目が出てきた。

 今回の提携によって両社の窓口で試験依頼を一括で受け付ける。充放電や過負荷などの危険性評価はカーリット、劣化原因や発火時のガスなどの分析・解析は東レリサーチが受け持つ。一貫したサービスを提供することによって、自動車メーカーやリチウムイオン電池、材料メーカーなどユーザーを交えた3者によって最適な試験法を選択できるため、事業の効率化にもつながる。

 今回の提携について、カーリットの金子洋文社長は「顧客のさまざまなニーズに応えていくことが可能になる」とサービスの向上を強調。一方、東レリサーチの川村邦昭社長も「顧客の研究開発体制の加速に役立つ」とEV開発で優位に立てることをアピールした。