東レ子会社もデータ改竄 品質上、異常ないと勝手な解釈

記者会見を終え退室する、東レの日覚昭広社長=28日、東京都中央区
記者会見を終え退室する、東レの日覚昭広社長=28日、東京都中央区【拡大】

 東レの日覚昭広社長と子会社、東レハイブリッドコードの鈴木信博社長の28日の記者会見での一問一答は次の通り。

 --不正の動機は

 鈴木氏「規格値からの外れが僅差で、品質上、異常でないという勝手な解釈から行われた。(不適合製品を顧客の了承を得た上で納入する)特別採用という慣習も動機になった」

 --公表が遅れたのは

 日覚氏「昨年に不正を把握していたが、安全性に問題はないため、発表は考えていなかった。ただ、今年11月にネット掲示板で書き込みがあり、正確なことを公表すべきだと考えた」

 --神戸製鋼所や三菱マテリアルの問題がなかったら公表しなかったのか

 日覚氏「しなかった」

 --今後の対応は

 日覚氏「厳粛に受け止め、コンプライアンスの強化や信頼の回復に全力で取り組んでいく所存だ」