岡三証券、金融情報AI開発企業と提携

 岡三証券は、金融情報分析の人工知能(AI)開発を手掛けるxenodata lab.(ゼノデータ・ラボ、東京都渋谷区)と業務資本提携を行った。

 ゼノデータ・ラボは独自技術により自然言語を理解して、企業分析を行うAIを開発している。同社が技術の実用化、事業化のための資金調達を目的として8社に対して実施した総額2億5000万円の第三者割当増資の一部を岡三証券が引き受け、出資した。岡三はゼノデータ・ラボが提供する決算リポート自動作成サービスを既に試験導入しており、主にリサーチ業務や機関投資家向け情報提供で活用を進めていく。岡三はグループ力強化策の一環としてフィンテック対応を掲げている。