トヨタ、新型自動ブレーキシステム 夜でもカメラで歩行者検知


【拡大】

 トヨタ自動車は29日、夜でも歩行者を検知して自動ブレーキが作動するなど事故防止機能を高めた新たなシステムを発表した。2018年初めから発売する新型車に搭載する。日本や北米、欧州で販売する車が中心で、高級車ブランド「レクサス」にも採用する。

 車載カメラが道路標識を読み取って運転席に表示する機能も追加。制限速度や一時停止などの見落としを減らす。道路の中央を走るようハンドルを自動で動かし、はみ出しを防ぐ機能もある。これまで自動ブレーキが対応できなかった自転車も検知できる。

 15年に導入した現在のシステムのカメラやレーダーを改良した。