シャープ、東証1部に12月7日付で復帰 鴻海の傘下で構造改革し業績回復

東証1部復帰へ手続きを進めるシャープの本社(堺市堺区)
東証1部復帰へ手続きを進めるシャープの本社(堺市堺区)【拡大】

 シャープは30日、東京証券取引所に申請していた株式上場先の東証2部から1部への復帰が承認されたと発表した。12月7日付で1部になる。経営不振から昨年8月に2部に降格していたが、台湾・鴻海(ホンハイ)精密工業の傘下で業績回復が進んだことから今年6月に1部復帰を申請していた。人材確保や資金調達などの後押しになり、経営再建の弾みとなりそうだ。

 シャープは昨年8月の2部降格の後、鴻海の出資を受けて子会社となり、コスト削減などの構造改革で経営再建を進めてきた。平成28年度は本業のもうけを示す営業利益が3年ぶりに黒字化するなど業績の改善が続いている。