故西室泰三氏の功績偲ぶ 東芝や日本郵政で社長歴任 都内でお別れの会

 東芝や日本郵政の社長を歴任し、10月に老衰のため81歳で死去した西室泰三氏のお別れの会が30日、東京都内のホテルで開かれた。国際派の経営者として東芝などの社内改革を推進し、財界活動や公職にも尽力した故人をしのんだ。

 委員長は東芝の綱川智社長。喪主は長女陶子さん。多数の財界人らが献花に訪れる見通しだ。

 西室氏は1996年に東芝の社長に就任。会長を経て、東京証券取引所の会長を務めた。2013年に日本郵政の社長となり、15年にはグループ3社の上場を果たした。体調を崩して16年に退いていた。