自動運転ソフト開発会社を共同で設立

 豊田通商の子会社「ネクスティ エレクトロニクス」(東京)と東芝グループの「東芝マイクロエレクトロニクス」(川崎市)は30日、自動運転に活用するソフトウエアの開発会社「ネクスティ システムデザイン」を12月1日に共同出資で設立すると発表した。

 豊田通商側が51%、東芝側が49%出資する。本社は川崎市。従業員は約60人で、2020年までに約100人に増やす。両社の持つ半導体関連の知見を生かし、車載カメラの制御技術などを手掛ける。

今、あなたにオススメ
Recommended by