シャープ、有機EL機種に対抗 8K対応の家庭用液晶テレビを国内で発売

店頭に並ぶシャープの「アクオス8K」=1日、大阪市のヨドバシカメラマルチメディア梅田
店頭に並ぶシャープの「アクオス8K」=1日、大阪市のヨドバシカメラマルチメディア梅田【拡大】

 シャープは1日、超高精細な「8K」画質に対応した家庭用液晶テレビ「アクオス 8K」を全国で発売した。世界初の8K液晶テレビとして中国で10月に発売したのに続いて2カ国目。大型の薄型テレビ市場ではソニーやパナソニックが次世代パネル「有機EL」を搭載した機種を相次いで投入しているが、得意の液晶技術で対抗する。

 シャープの新製品は70型で想定価格は108万円前後。8Kは画面の解像度が地上デジタル放送のフルハイビジョンの16倍、4K放送の4倍で、実物が目の前にあるような臨場感が特長だ。8Kの実用放送開始は来年12月だが、現行の地デジを8K並みの画質に変換して見ることが可能。放送開始後は別途販売する受信機を取り付け、本格的な高画質を視聴できる。

 10月から予約を受け付け、これまで約150台の注文があったという。来年3月末までに約1000台の販売を目指す。

 JR大阪駅前の「ヨドバシカメラマルチメディア梅田」でも発売された。大阪市の西島康二さん(65)は「近寄って見ても本当にきれいで驚いた」と話した。