日立 米で製造の鉄道車両、フロリダ州で運行開始

11月30日に米南部フロリダ州の鉄道で運行が始まった日立製作所の車両(同社提供・共同)
11月30日に米南部フロリダ州の鉄道で運行が始まった日立製作所の車両(同社提供・共同)【拡大】

 日立製作所が米国で製造した鉄道車両が11月30日、南部フロリダ州マイアミなどを走る鉄道で運行を始めた。日立は2016年3月にマイアミに鉄道車両工場を開設。米国での車両受注に力を入れており、東部メリーランド州ボルティモアの地下鉄でも21年に運行が始まる。

 フロリダ州の鉄道は国際空港や繁華街などを結んでいる。車両は長さ22メートル、幅3.6メートルで、最大66人が座れる。最高速度は時速112キロだ。日立はこの鉄道向けに計136両を納入し、19年末までに老朽化している現行車両が全て置き換わる。

 鉄道システム事業を手掛ける日立のグループ会社のモーリツィオ・マンフェロット最高経営責任者(CEO)は11月30日の式典で「最先端の技術と信頼性を備えた車両だ」とアピールした。(ニューヨーク 共同)