海抜22メートルの防波壁 浜岡原発

浜岡原発が震災後に設置した地表からの高さ16メートル、海抜22メートルの防波壁=2日、静岡県御前崎市(会田聡撮影)
浜岡原発が震災後に設置した地表からの高さ16メートル、海抜22メートルの防波壁=2日、静岡県御前崎市(会田聡撮影)【拡大】

 中部電力は2日、浜岡原子力発電所(静岡県)の安全対策工事などを報道陣に公開した。約4千億円を投じて高さ16メートル(海抜22メートル)、総延長1.6キロの防波壁などの工事を行い、3、4号機は新規制基準への適合性審査での合格を目指している。