【家電Watch】ヤマハ発、電動アシスト自転車2018年モデル

「PASMina(パスミナ)」2018年モデル
「PASMina(パスミナ)」2018年モデル【拡大】

 ■おしゃれな北欧風、上質感を演出

 ヤマハ発動機は、電動アシスト自転車「PAS Mina(パス ミナ)」の2018年モデルを、来年1月22日に発売する。同シリーズは、北欧風のデザインを取り入れ、機能性やカスタム性に優れたファッショナブルデザインモデル。価格は12万2000円(税抜き)。

 クラシカルなイメージや上質感を演出する車体カラーとパーツなどを採用した。おしゃれでアクセサリーコーディネートがより楽しくなるバスケットや、「子乗せセット」(リヤチャイルドシート、リヤキャリヤ、ドレスガード、かるっこスタンドのセット)など、別売りでアクセサリーを新たに追加する。

 バッテリー残量、残りアシスト走行可能距離、速度表示、電源ロックのほか、時刻を表示できる「液晶5ファンクションメーター」を搭載。トリプルセンサーシステム、オートライト、短時間で充電可能な充電器など従来の特徴を継承している。

 本体サイズは全長1840ミリ、全幅580ミリで、重量は23.7キロ。適応身長145センチ以上で、電源にはリチウムイオンバッテリーを採用している。バッテリー容量は12.3Ahで、充電時間は約3.5時間。アシスト機能は「強」「標準」「オートエコモードプラス」の3モードで、1度の充電での走行距離は、それぞれ、48、58、83キロ。車体カラーは、シルキーブラック、シルキーホワイト、シルキーブルーの3色。(インプレスウオッチ)