東洋紡、福井で生産増強 半導体関連向けフィルム

 東洋紡は4日、スマートフォンなどに使われる半導体関連部品向けフィルムの生産設備を敦賀事業所(福井県敦賀市)に新設すると発表した。投資額は約30億円。平成30年8月に着工し、31年7月に稼働する。約20人を新たに雇用する。

 東洋紡は8月にも次世代ディスプレー「有機EL」などに用いるフィルムを30年10月から敦賀事業所で生産すると発表している。長瀬産業と共同出資で設立する新会社を通じて手掛ける。