「FREETEL」のプラスワン・マーケティングが民事再生申し立て (1/2ページ)

FREETEL公式サイトトップページで告知
FREETEL公式サイトトップページで告知【拡大】

 SIMロックフリースマートフォンの製造・販売を手掛けるプラスワン・マーケティングは12月4日、東京地裁に民事再生法の適用を申請したと発表した。「資金繰りの悪化により、債権者に支払いを継続することが困難になったため」という。帝国データバンクによると、負債総額は債権者約185人に対して約26億円。スポンサー候補として、モバイル通信サービスを提供するMAYA SYSTEMと基本合意したという。

 プラスワンは2012年10月創業。「FREETEL」ブランドによるSIMロックフリー端末の製造・販売事業と、MVNO事業を手掛けてきた。女優の佐々木希さんやタレントの高田純次さんを起用したテレビCMを展開していたほか、2017年春からは首都圏を中心に自社店舗「フリーテルショップ」を展開するなど、積極的にマーケティングを行っていた。

 帝国データバンクによると、17年8月時点で約40店舗を展開していたほか、大手家電量販店への卸販売などを行い、2017年3月期には年収入高約100億5800万円を計上していたという。だが出店計画は想定を下回っていたほか、競合他社との競争が激化する中で広告宣伝費が重荷に。15年3月期以降、3期連続で多額の営業赤字を計上していたという。

端末の製造・販売事業は自社に残して再建を目指していたが…