オリンパス、非中核事業の整理完了

 オリンパスは4日、アパレル企業向けの情報分析システム事業を売却し、経営再建のために進めてきた非中核事業の整理が完了したと発表した。

 売却したのは子会社オリンパスシステムズ(東京)のアパレル向けのコンピューターシステム事業。IT企業のクオリカ(東京)に1日付で譲渡した。譲渡額は公表していない。オリンパスは巨額損失隠し事件による財務悪化を受け2012年に事業リストラを表明。主力の医療関連分野に注力している。