JFEスチールが新溶接技術 車生産での超ハイテン対応

自動車工場での溶接作業。これまでは超ハイテンの溶接は困難とされてきた=大分県(ブルームバーグ)
自動車工場での溶接作業。これまでは超ハイテンの溶接は困難とされてきた=大分県(ブルームバーグ)【拡大】

 鉄鋼大手のJFEスチールは4日、自動車生産で行うスポット溶接の新技術を開発したと発表した。一般的な鋼板より強度が高くて薄い一方、溶接が困難な超ハイテンと呼ぶ高張力鋼板にも対応しやすいのが最大の特徴。車体構造の設計自由度が高まるほか、超ハイテンの使用が増えることで車体軽量化も期待できるという。すでに自動車メーカーへの提案を行っており、自社生産した超ハイテンの採用拡大につなげたい考えだ。

 スポット溶接は、2枚の鋼板を重ね合わせた後、2つの電極で挟んで電流を流し、溶かすことで一体化する技術で、自動車1台当たり3000~6000カ所に用いられている。JFEスチールは、4種類の溶接技術を開発。鋼板を挟む力と流す電流の量を調整するなどして、薄さや材質が理由で溶接が難しい超ハイテンの短所を克服した。

 これらの技術を活用すれば、溶接の間隔を狭められるほか、鋼板を3枚重ねた場合でも対応できるという。JFEスチールによると、開発した技術のうち2つは既に採用されており、残る2つについても早期の実用化を目指す方針だ。