【現場の風】オイシックスドット大地 大手流通と食品宅配市場盛り上げ (1/2ページ)

オイシックスドット大地の松本浩平執行役員
オイシックスドット大地の松本浩平執行役員【拡大】

 □オイシックスドット大地執行役員・松本浩平さん(33)

 --食品宅配の市場が拡大している

 「子育て世代の需要が伸びている。女性の社会進出が進むにつれて、料理に必要なレシピやカット済み野菜、計量済みの調味料などがセットになった『ミールキット』が世界的にも人気だ。ミールキットで料理すれば、食材が余って捨てることがなくなる。簡単に作れ、しかも見栄えの良い料理の写真を会員制交流サイト(SNS)に掲載する人も増えている」

 --アマゾンジャパンが4月に生鮮食品の宅配事業を始めるなど、大手流通の参入が相次ぐ

 「ビッグプレーヤーの参入で市場が注目され、インターネットで食品を購入する人が増えるのを期待したい。市場が拡大していることもあり、アマゾンの参入による影響は今のところない。有機栽培の食材など当社の付加価値の高い商品が評価されている。(大手流通の参入が増えても)価格競争にはならないだろう。一緒に成長市場を盛り上げていきたい」

 --3月に旧オイシックスが同業の大地を守る会を子会社化し、その後、経営統合した

 「両社は顧客層も違えば、顧客が求めるものも違う。両社のブランドは残していく方針だ。今後も奇をてらったことはせず、ミールキットを中心とした成長を目指していく」

会員数は右肩上がり