アウディが来年1月から1%値上げ

 アウディジャパン(東京)は5日までに、主力のコンパクトカー「A3」など国内売上高の約3割を占める乗用車の希望小売価格を来年1月1日に約1%値上げすると発表した。アルミなど原材料の価格高騰が主な要因で、発売から時間が経過したモデルの価格を引き上げる。値上げはA3のほか、「A6」やスポーツ用多目的車(SUV)「Q7」などが対象。値上げ幅は3万~22万円。同社の価格改定は2015年1月以来となる。