神鋼本体でもJIS停止通知

 神戸製鋼所は5日、アルミ製品などの性能データ改竄(かいざん)問題を受け、長府製造所アルミ押出工場(山口県下関市)が日本工業規格(JIS)の一時停止を認証機関から通知されたと発表した。品質管理体制などに問題があるためで、アルミ合金の棒や線など3製品がJISマークをつけて出荷できなくなる。神戸製鋼は「性能的にはJIS規格相当の製品を提供させていただくことは可能」としている。

 神戸製鋼はこれまで、子会社のコベルコマテリアル銅管秦野工場(神奈川県秦野市)で製造している銅管の2製品でJIS認証を取り消されている。